第三者評価とは

 福祉サービス第三者評価は、第三者の目で福祉サービスの評価を行い、その結果を利用者や施設の皆様へフィードバックすることでサービスの質を高めていこうとするものです。
 誰でも長く同じサービスに従事していると、慣れがでてくるために基本的なことを見過ごしがちになります。これを補うには、全く別の視点から見直すことが大切です。そのために第三者評価を活用されてはいかがでしょうか。
 利用者と施設の皆様のニーズを汲みあげ、それに応えられる質の高い福祉サービスへのステップアップにご活用下さい。

評価に対する基本的な考え

 NPO人材開発機構は、サービス提供事業者の皆様が事業をさらに発展させ、利用者のニーズにあったサービスを提供できるよう、誠意をもって評価・助言をさせていただきます。
 また、事業者の皆様との心の通い合った意見交換を通じて、少しでも改善のお役に立てればと考えています。しかし、皆様にとって第三者評価は改善へのアプローチのひとつであり、皆様自身の行う自己評価、常日頃の業務の見直しと相まって、初めて生きた効果が期待できると考えます。

評価機関

 福祉サービス第三者評価が信頼できる情報として活用していただくことができるよう、東京都福祉サービス評価推進機構が、評価機関が備えなければならない要件として「認証基準」を定めています。
 東京都内の福祉サービスを提供している事業所の評価を行うためには、「評価機関」としての認証を受ける必要があります。
 NPO人材開発機構も東京都より認証を受けた正式な評価機関です。

認証番号 機構02-005

評価者

 福祉サービス第三者評価において、実際に評価する者をのことを「評価者」と呼びます。
 評価者の要件については、「評価者養成講習実施要綱」に定められており、東京都福祉サービス評価推進機構の外部委員会である認証・公表委員会で決定しています。
評価者として活動するためには、機構が実施する評価者養成講習を修了し、評価者名簿に登載されている必要があります。
 NPO人材開発機構では、主たる評価者が26名所属しています。その者達が有する資格は、社会福祉士・看護師・保育士・福祉住環境コーディネーター・税理士・中小企業診断士・社会保険労務士・情報処理技術者・ISO監査員・防火管理者・フィナンシャルプランナーなど多分野にわたります。
 また、有する経験は、福祉行政、経営・営業・管理・労務管理、経理・税務、法務、監査、コンサルティングなど各種業務に及び、かつ、高齢者・障害者福祉施設、保育園、子育て支援などの現場で、介護職員・事務職員、保母、管理者としての実務・ボランティア経験を持つ者が多くを占めています。